ヘアーブティック ゼッピン

ヘアーブティック Zepping (ゼッピン)|岐阜県羽島市|美容室&理容室&美容院&理容院(床屋)

HOME»  ホームカラーのお客様へ  ダメージ毛を改善されたい方へ

ホームカラーのお客様へ

カラーリングをされているお客様へ

ここでいうカラーとは
黒髪を明るくしたり、白髪を染める(明暗それぞれ)ブリーチ剤を含むアルカリ性の
カラー剤の事です。比率が違いますが染料とブリーチ(脱色)剤は必ず入っています。

 

カラーの技術的な説明(繰り返し染める場合)

当店(サロン)でカラーをされる方

根もとの伸びた髪(黒髪や白髪)のみをアルカリ性のカラー剤(ブリーチ剤含む)で染めて
前回染めた髪(既染毛)の中間から毛先部分は、明度を変えなければブリーチ剤を含まない
染料を塗布する事により必要以上に髪が傷まないよう施術します。

 

ホームカラーでされる方

根本の伸びた髪(黒髪や白髪)や前回染めた髪(既染毛)を区別することなく、前回同様の
カラー剤を塗布することにより数を重ねれば中間から毛先の髪がどんどん明るくなります。
その結果、必要以上に髪のダメージが進行してしまいます。

 

パーマとカラーをされる方

カラーはお店でされる方、ご自分でされる方、様々ですがパーマとカラー併用の方は、
カラーの前後もしくは同時に施術する場合があります。ダメージが増すほどパーマとの
相性がより悪くなりパーマがかかりすぎたり、時にはウェーブにならずダメージが増す
ばかりで、失敗に終る可能性が高くなります。

 

上記のことを総合すると

市販のカラーは安価で手軽に染めることができるのはメリットですが、長期使用でダメージが
増大し髪が細くなるデメリットの事を考えるとパーマと併用しない方が良いことになります。
それでもパーマをかけたい方は、ホームカラーはさけましょう。